ズワイガニは雄と雌で分量に開きがあり、雌は大体日頃から卵を温めているので、水揚げをしている各エリアでは雄と雌を全然違うカニとして売買しているようです。
ウェブ通信販売でも人気を争う旬のズワイガニとタラバガニ。どっちかひとつだけなんて選択できない。そんなふうな欲張りさんには、セットで売られている企画品というのはいかがですか。
ワタリガニはたくさんの料理において頂くことが出来ると考えられます。チャーハンを作ったり、柔らかな素揚げやあったかい鍋や味噌汁もおすすめです。
花咲ガニ、このカニはズワイガニなどと比べても数が極少のため、水揚期は7月〜9月だけという短期で、だからこそ最も旬の時期は、秋の一ヶ月間(9〜10月)と残念なほど短いです。
カニとしては小さいタイプで、身の状態もほんのちょっと少ない毛ガニではありますが、身は何とも言えない丁度良い味で、カニみそも豊潤で「かに好き」が親しんでいると聞きます。

一口でも口にすれば本当に食感の良いワタリガニの時期は、水温が下がる晩秋から陽春にかけてだそうです。このシーズンのメスは格段にコクが出るので差し上げ品にも喜ばれます。
ある時までは漁業量もあって、地域次第ということですが、カニと説明すれば美味いワタリガニと思いつくくらい庶民派の食物でしたが、今日では漁獲高が削減され、以前に比べると見つけることも減ってきています。
卵を保有している雌のワタリガニの方が、普通の雄よりも極上品です。胸の身の箇所やミソの部分にあたっては、雄と雌に皆が言うほどの相違はないのだが、卵は抜群でやみつきになります。
冬というのはカニの美味しい時節ですが、山陰海域で捕獲される松葉ガニに負けない美味しさが瀬戸内の質の良いワタリガニです。正式な名前はガザミと呼ばれ、現在では瀬戸内で誰もが知っているカニと考えられています。
茹でられたものを食べるつもりなら、あなたが茹でるのに比べて、湯がかれたものをカニ業者が一気に冷凍処理した状態の方が、本物のタラバガニのオツな味を楽しめるでしょう。

通常の毛ガニは、甲羅の大きさが11〜13cm位のあまり大きくないカニで、水揚げの初期は紺色に類似している褐色だが、湯がくことで明瞭な赤色に変わるのです。
水揚の場では体は茶色をしているのですが、茹でることで鮮やかに赤くなり、咲いている花のような外見になるというのがあって、花咲ガニと呼ぶ、というのが通説です。
通称「がざみ」と呼ばれる見事なワタリガニは泳ぐことが上手で、具合によっては増殖地点を転々とします。水温が低下すると甲羅がコチコチとなり、身の引き締まる12月手前から5月手前までが旬と伝えられている。
姿はタラバガニ風花咲ガニは少しボディは小振り、身を食すと濃厚で海老のようなコクを感じます。内子(甲羅の内側)と外子(腹部)はお好きなら特別おいしいです。
弾けるような身を味わうタラバガニだが、味は若干淡白っぽいので、形状を変化させずに火を通し食する場合より、カニ鍋で頂いた方がおすすめだと言われています。