北海道においては資源保護を目標にして、産地を分けて毛ガニの捕獲期間を据えていますので、一年を通して漁場を変更しながらその旨いカニを口に入れる事が可能です。
水揚の場では体は茶色をしているのですが、茹でることで赤く色づき、咲いた花のような外見になるというわけで、花咲ガニと呼ばれているという説があります。
美味な毛ガニの蟹味噌は、まったりとした味が特徴の絶品だろう。火で甲羅を熱くして、日本酒を加えてその匂いを立たせながら、毛ガニの味噌を身につけてから味わうのも気に入ると思います。
主に昆布を食べる花咲ガニは、凄く味を際立たせる出汁となるので鍋にしてもピッタリです。獲れるのはごくわずかですから、北海道を除く地域で探してもおおよそ出回らないと言えるでしょう。
私は蟹が大・大・大好きで、今年、またネットのカニ通販を利用し新鮮な毛ガニやズワイガニを購入しています。今や楽しめる時期なので、予約をしておくほうが絶対いいし納得の値段でお取り寄せできます。

カニで有名な北海道の毛ガニの口どけの良い旨み、濃い目の蟹味噌の味と高級な舌触りを満喫した後の仕舞いは待ちに待った甲羅酒を味わいます。毛ガニはどんな調理法でも大満足です。
殻から外してあるタラバガニの身は、味が濃厚とは思えませんが、かに料理以外の食材に使っても抜群です。ハサミそのものは揚げ物後で食べさせる事で、小さな子供でもガツガツ食いつくでしょうね。
産地に出向いて楽しもうとすると、旅費もかかってしまいます。水揚されて間もないズワイガニを自分の家で堪能したいという事でしたら、通信販売を利用してズワイガニを買うのがベストです。
その姿かたちはタラバガニのような花咲ガニはこころもち小振りで、その肉は何ともいえない満足感に浸れます。また、内子・外子はお目当ての人も多いほど特においしくいただけます。
この花咲ガニの他と違う点は、水揚される花咲半島に豊潤に息づく皆さんもご存知の昆布に秘密があります。昆布食の花咲ガニは、その美味しさをしっかりと味わえるカニなのです。

北海道・根室の名産花咲ガニ、これは道東部を中心に獲れるカニで、日本全国でも絶賛する人がたくさんいる蟹です。濃く深い味覚を特徴とし、水揚・浜茹での噛むとプリプリとした肉は例えようがありません。
旬だけのジューシーな花咲ガニを堪能するなら、根室半島(花咲半島)産、ここで取れたものは間違いありません。ぼんやりしてたら買えなくなるので、その前に購入予定を立ててしまったほうが絶対です。
花咲ガニの希少性により、市場においてもそれなりの売値になります。通販は低料金とはいえない価格なのですが、かなりお買い得に手に入る通販ショップもあります。
ヤドカリとタラバガニは同じ種類なので、味噌が入っているところは味わうものではないという事で知られています。毒性を持っている成分が混ざっている・ばい菌が増大してしまっている場合も考えられるので見極める事が必要不可欠です。
簡単に言えば殻は柔らかく、支度が楽なところもウリです。大きなワタリガニを購入した時には、何はともあれ茹で蟹として堪能してみることをおすすめします。